NBAプレーオフ 1回戦 2021

 
UPDATED 2021/5/31

デヴィス負傷で後半プレイせず
ポール活躍でサンズ勝利

5月 30日 -- 西カンファレンスのプレーオフ 1回戦サンズが敵地でレイカーズと第4戦を行い、後半にリードして 100-92で勝ち、対戦成績を 2-2とした。

前半は互角でサンズが 54-50とリードして折り返した。

レイカーズは第2戦と第3戦でともに 34点あげた主軸のアンソニー・デヴィスが第3戦で痛めた太ももを悪化させ、後半はプレイしなかった。6点 4リバウンドだった。

デヴィス不在が攻守でサンズの助けとなり、 3Qに攻守は圧倒して 81-65と引き離した。 4Qも有利に進めてリードを守り、逃げ切った。

クリス・ポールが 18点 9アシストの活躍だった。 モンティー・ウィリアムズ監督は右肩を痛めているポールを欠場させる予定だったというが、 本人が先発出場を志願したため、翻意したという。

「選手を信用するべき状況だった。」- ウィリアムズ監督

ポールはチームを上手く機能させて 6選手が 2桁得点した。 デビン・ブッカーとジェイ・クラウダーがともに 17点 7リバウンド、 デアンドレ・エイトンが 14点 17リバウンドだった。

サンズがプレーオフの敵地戦で勝利するのは 2010年 5月 9日のスパーズ戦以来 11年ぶりとなった。

レイカーズはレブロン・ジェームズが 25点 12リバウンドだった。


Copyright © 1996-2021 TSP21.com