NBAプレーオフ 2回戦 2020

 
UPDATED 2020/9/14

ナゲッツ後半 19点差逆転
ヨキッチ 34点 14リバウンド

9月 13日 -- 西カンファレンスのプレーオフ 2回戦ナゲッツクリッパーズと第6戦を行い、 後半に 19点差を逆転して 111-98で勝ち、対戦成績を 3-3のタイに戻した。

前半はクリッパーズが主導権を握って進め、1Q末に 32-21とリードした。 2Qは途中で 2点差に縮まったが、そこから連続得点して引き離し、 3Q開始 2分で 68-49とした。

その後はシュートが決まらなくなって失速し、リードを保てなかった。

ナゲッツは 3Q残り 8分から 17点連取して 1点差に接近し、 4Q開始直後に 79-79としてトリー・クレイグが 3ポイントを入れて逆転した。

そのままいい流れに乗って得点を伸ばし、 残り 3分で 103-93と 10点差をつけた。 さらにニコラ・ヨキッチとゲイリー・ハリスが 3ポイントを連打して 16点差にして勝利を決めた。

ナゲッツはジャズとのプレーオフ 1回戦に続いて 1勝 3敗からタイに持ち込んだ。 1回のポストシーズンで 2度の 1勝 3敗からの逆転はNBA史上初なる。

ヨキッチが 34点 14リバウンド 7アシスト、 ジャマール・マリーが 21点、ハリスが 16点だった。

クリッパーズは前半に 63点あげたが、後半は 35点しか取れなかった。 ポール・ジョージが 33点、カワイ・レナードが 25点 8リバウンドだった。


Copyright © 1996-2020 TSP21.com