NBAプレーオフ 2回戦 2022

 
UPDATED 2022/5/12

モラント欠くグリズリーズ
攻守圧倒で大差つけて勝利

5月 11日 -- 西カンファレンスのプレーオフ2回戦はジャ・モラントを欠く、グリズリーズがホームでウォリアーズと第5戦を行い、 開始から攻守で圧倒して 3Qまでに大差をつけ、134-95で勝って対戦成績を 2-3と挽回した。

モラントは第3戦で悪化させた右膝の状態が悪く、欠場した。 次の第6戦に復帰できるかは不明。

エースを欠きながらも開始から積極的にパスを回して 3ポイントを効果的に決めた。 1Qに 38-28とリードし、2Qは 77-50と引き離して折り返した。 前半 77点はポストシーズンの球団記録となった。

3Qもオフェンスの勢いは衰えずに 3ポイントを 9本決めて 42点あげた。 119-67と大差にして勝利を決めた。 3Q終了時点で 52点差はプレーオフのNBA記録となった。

アシストが 37に達し、3ポイントを 18本決めた。 ジャーレン・ジャクソン、デズモンド・ベイン、 タイアス・ジョーンズがともに 3ポイントを 4本入れて 21点だった。

ウォリアーズはクレイ・トンプソンが 19点、ジョナサン・クミンガが 17点、 ステフィン・カリーが 14点だった。

スティーヴ・カー監督は新型コロナウイルスの安全健康プロトコルに入り、 2試合連続で欠場した。


Copyright © 1996-2022 TSP21.com