NBAファイナル2020

 
UPDATED 2020/10/10

ヒート競り勝って 2勝目
バトラー 47分プレイで活躍

10月 9日 -- NBAファイナル・第5戦はヒートが 4Q残り 1分を切ってからフリースロー 6投を入れて 111-108でレイカーズに勝ち、対戦成績を 3-2と挽回した。

もう後がないヒートは 7人ローテーションを使い、 ジミー・バトラーが 47分プレイした。 35分 12リバウンド 11アシストの活躍だった。 4Q最後は疲れ切って足元もふらついたが、大事なフリースロー 4投を入れた。

ダンカン・ロビンソンが 26点、ケンドリック・ナンが 14点だった。

レイカーズはレブロン・ジェームズが 40点 13リバウンド 7アシスト、 アンソニー・デヴィスが 28点 12リバウンドだった。

試合開始から激しくぶつかりあい、1Q途中にバトラーとレイカーズのドワイト・ハワードがリバウンドのポジション争いでもつれあい、 あわや乱闘になる一幕があった。両者にダブルテクニカルがとられた。

以降はバトラーが得点を伸ばしたヒートが有利に進め、2Q途中に 11点リードした。 レイカーズは 3Q途中に 70-70と同点にしたが、逆転できなかった。 ヒートはバトラーがリバウンドを押し込んで勝ち越し、ダンカン・ロビンソンが 3ポイントを入れて引き離した。

4Qは残り 10分半でヒートが 93-82とリードしたが、 そこからレイカーズが底力を発揮して一方的に得点し、残り 5分で 99-96と逆転した。

ヒートはバム・アデバヨがアリウープレイアップ、ロビンソンが 3ポイントを入れて追いつき、 残り 3分は 1点を争う激闘となった。

残り 1分半でレイカーズが 104-103とリードし、ヒートはバトラーが右からフェイダウェイを入れて 105-104と逆転した。

レイカーズはレブロン・ジェームズがレイアップを失敗したリバウンドを自ら押し込んで 106-105とリードし、ヒートは残り 46秒でバトラーがファウルを受けてフリースロー 2投を入れて逆転した。

レイカーズはアンソニー・デヴィスがリバウンドを押し込んで 108-107と再びリードした。 ヒートは残り 16秒でバトラーがファウルを受けてフリースロー 2投を入れて逆転した。

レイカーズは続く攻撃でダニー・グリーンが正面から 3ポイントを放ったが、決められなかった。 マーキーフ・モリスがリバウンドを獲ったが、パスをミスしてターンオーバーとなった。 ヒートは残り 1.6秒でタイラー・ヒーローがフリースロー 2投を入れて 3点差にした。

タイムアウトがないレイカーズは最後にベースラインからインバウンズパスを入れ、ジェームズがコート中央から 3ポイントを放ったが、リングに届かずに試合終了となった。


Copyright © 1996-2020 TSP21.com