NBAファイナル2020

 
UPDATED 2020/10/7

レイカーズ 4Q逆転を許さず
NBAファイナル制覇に王手

10月 6日 -- NBAファイナル・第4戦はレイカーズが後半にリードして進め、 逆転を許さずに 102-96でヒートに勝ち、対戦成績を 3-1として優勝に王手をかけた。

序盤からディフェンス意識の高い攻防が続き、ロースコアで進んだ。 1Qはレイカーズが 27-22とリードした。 2Qはヒートが開始 2分半で 34-29と逆転した後、 レイカーズが追いつき、49-47と逆転した。

後半はレイカーズが押し気味に進めたが、大きくリードすることはなかった。 4Q残り 6分半で 83-83となった後、レブロン・ジェームズがレイアップとフリースロー 3投を入れて 88-83と勝ち越した。

残り 3分半で 2点差に縮まったが、 ケンタビャス・コールドウェル=ポープが 3ポイントとレイアップを入れて 95-88と引き離した。 さらに残り 1分を切ってアンソニー・デヴィスが 3ポイントを入れて 100-91として逃げ切った。

ジェームズが 28点 12リバウンド 8アシストの活躍だった。 この試合に向けて特別なものを感じ、 スマートフォンで同僚たちに熱いメッシセージを送ったという。

「自分の選手生活で最大の試合の一つになると感じた。」- ジェームズ

デヴィスは 22点 9リバウンドだった。

ヒートはジミー・バトラーが 22点 10リバウンド 9アシスト、 タイラー・ヒーローが 21点 7リバウンド、ダンカン・ロビンソンが 17点だった。 バム・アデバヨは肩負傷から 3試合ぶりに復帰して 15点 7リバウンドだった。


Copyright © 1996-2020 TSP21.com