NBA東カンファレンス決勝2020

 
UPDATED 2020/9/16

ヒート延長制して先勝
アデバヨが勝利のブロック

9月 15日 -- 東カンファレンス決勝は第5シードのヒートが第3シードのセルティクスと第1戦を行い、 延長の最後にバム・アデバヨがダンクをブロックして失点を阻止し、117-114で先勝した。

開始からセルティクスが有利に進め、ジェイソン・テイタムとマーカス・スマートが効果的に 3ポイントを入れて 1Q途中に 24-11とリードした。 ヒートは 2Qに反撃して追いつき、55-55として前半を終えた。

3Qは再びヒートが鈍くなり、セルティクスが一方的に得点して 4Q開始直後に 85-71と 14点差をつけた。 そのままいい流れで逃げ切りそうだったが、ヒートの反撃を抑えられなかった。

ヒートは 4Q残り 1分でタイラー・ヒーローが正面から 3ポイントを入れて 2点差に接近し、 残り 22秒でジミー・バトラーが右コーナーから 3ポイントを入れて 106-105と逆転した。

セルティクスは続く攻撃でアウェイ・フロム・プレイのファウルを受け、 テイタムがフリースロー 1投を決めて同点にした。 さらにテイタムが左45度から 3ポイントを放ったが、リングに弾かれて失敗して勝てなかった。

延長は残り 23秒でケンバ・ウォーカーがジャンプシュートを入れてセルティクスが 114-113とリードした。

ヒートは残り 12秒でバトラーがファウルを受けながらリング脇からシュートを入れて逆転し、 フリースローを追加して 116-114とした。

セルティクスは続く攻撃でテイタムがドリブルでリング下に進み、 右腕を伸ばして力強くダンクに行ったが、アデバヨが前に立ちはだかって左腕を伸ばし、 ボールを押し戻すようにブロックして得点を許さなかった。

アデバヨがブロックしたボールを獲ってファウルを受け、 フリースロー 1投目を外したが、 2投目を入れて 3点差にした。

セルティクスは残り 2.5秒からの最後の攻撃でテイタムが転びながらロングパスを受け、 起き上がって右45度から 3ポイントを放ったが、決まらずに試合終了となった。

ヒートはゴラン・ドラギッチが 29点 7リバウンド、 ジェイ・クラウダーが 3ポイントを 5本入れて 22点、バトラーが 20点、アデバヨが 18点 9アシストだった。 好調のヒーローはベンチスタートながらも 40分プレイして 12点 11リバウンド 9アシストの活躍だった。

セルティクスはテイタムが 30点 14リバウンド、 スマートが 3ポイントを 6本入れて 26点、 ケンバ・ウォーカーが 19点だった。

4Qに 12点以上リードした試合に負けたのはショットクロック方式が導入されたこの 65年で 2度目となった。 156勝 2敗。


Copyright © 1996-2020 TSP21.com