NBAプレーオフ 2回戦 2020

 
UPDATED 2020/9/12

セルティクス 2年ぶり東決勝
ラプターズ 2連覇ならず

9月 11日 -- 東カンファレンスのプレーオフ 2回戦セルティクスラプターズと第7戦を行い、 92-87で競り勝って 2年ぶりのカンファレンス決勝に進んだ。

東カンファレンス決勝はヒートと対戦する。15日に第1戦を行う。

1Q途中にジェイソン・テイタムとマーカス・スマートが 3ポイントを連続して決めて 13点連取し、19-7とリードしたが、すぐに逆転された。 2Qは残り 6分でラプターズに 40-33とリードを許した後、 スマートを先頭に反撃して 11点連取し、44-40と逆転した。

3Qは有利に進めたが、残り 2分を切ってラプターズのフレッド・バンブリートに 3ポイントを決められて一時逆転を許した。 直後にケンバ・ウォーカーがジャンプシュート、テイタムが 3ポイントを入れてリードした。

4Qはディフェンスを厳しくして積極的にボールを取りに行き、ターンオーバーを多くとった。 失点を少なくすることに成功して徐々に引き離し、残り 5分で 88-78と 10点差をつけた。

ラプターズはそこから粘って残り 1分でカイル・ラウリーがフリースロー 2投を入れて 89-87と 2点差に接近したが、続く守備でラウリーが 6回目のファウルを取られてファウルアウトし、最後の山場で司令塔を欠いた。 追加点を取れずに逆転できなかった。

セルティクスはフリースローを 3投入れて 5点差にして逃げ切った。

テイタムが 29点 12リバウンド 7アシスト、 ジェイレン・ブラウンが 21点 8リバウンドだった。

ラプターズは敗退してNBAファイナル連覇を果たせなかった。 このシリーズは得点が伸びずに苦しんだ。 負けた 4試合はすべて 100点を下回った。 この日の 87点はレギュラーシーズンを含めて 2番目に少ない得点となった。

バンブリートが 20点、ラウリーが 16点だった。


Copyright © 1996-2020 TSP21.com