TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

NBA東カンファレンス決勝 2017


 
UPDATED 2017/5/24

キャバリアーズ 3Q逆転勝ち
アービング 42点 レブロン 34点

5月 23日 -- 東カンファレンス決勝キャバリアーズがホームでセルティクスと第4戦を行い、 3Qにカイリー・アービングとレブロン・ジェームズが活躍して 111-108で逆転勝ちし、対戦成績を 3-1とリードしてNBAファイナル進出に王手をかけた。

アービングは 3Qに 21点あげて 42点だった。1Qは 6点と並みの出来だったが、 2Qは 12点あげ、3Qは残り 4分から連続してシュートを決めて一気に得点を伸ばした。

第3戦で不発だったジェームズは 3Qに 9点、4Qに 15点あげて 34点だった。

キャバリアーズは前半に苦戦して劣勢を強いられ、2Q残り 5分半で 49-33と 16点差をつけられた。

3Qはレブロン・ジェームズを先頭に追い上げていき、残り 4分半でアービングがレイアップを入れて 1点差にした。 残り 3分でジェームズがフリースロー 2投を入れて 73-72と逆転し、 そこからアービングが連続得点して 87-80と引き離した。

4Qは 4点差を保って進め、 残り 4分からジェームズが 3ポイント、バンクシュート、ジャンプシュートと 3本連続で決めて 110-97と 13点差にして逃げ切った。

セルティクスは第3戦の教訓を生かして前半を有利に進めたが、後半は失速して得点が伸びなかった。

第3戦で活躍したマーカス・スマートはシュート 1本に封じられ、8点 6アシストと不発だった。 第3戦で決勝弾を決めたエイヴリー・ブラッドリーが 19点、ジェイ・クラウダーが 18点 8リバウンド、 アル・ホーフォードが 16点 7アシスト、先発出場したケリー・オリニクが 15点だった。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com