TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

NBA東カンファレンス決勝 2017


 
UPDATED 2017/5/18

レブロン 38点 ラブ 32点
キャバリアーズ敵地で先勝

5月 17日 -- 東カンファレンス決勝は第2シードのキャバリアーズが敵地で第1シードのセルティクスと対戦し、 開始から終始リードして進めて 3Q途中に大差をつけ、117-104で先勝した。

プレーオフ 2回戦を 4連勝で勝ち上がり、9日間の休養を経てこの日の試合に臨んだ。 準備万端で序盤から積極的にプレイして疲れが残るセルティクスを翻弄した。

レブロン・ジェームズが 38点 9リバウンド 7アシスト、ケヴィン・ラブが 3ポイントを 6本入れてプレーオフ自己最多の 32点 12リバウンド、 トリスタン・トンプソンが 20点 9リバウンドあげた。

キャバリアーズはプレーオフに入って無傷の 9連勝となった。

セルティクスはプレーオフ 2回戦を第7戦まで行い、わずか 1日の休養で試合に臨んだ。 ディフェンスでキャバリアーズのスピードとパワーについてけずに失点を止められなかった。

オフェンスはエースのアイゼイア・トーマスが不発で前半は 2Q残り 2分でわずか 2点だった。 後半は得点を伸ばして 17点 10アシストで終えた。プレーオフ 2回戦・第7戦で活躍したケリー・オリニクも 2点と振るわなかった。

ジェイ・クラウダーとエイヴリー・ブラッドリーがともに 21点あげた。

試合はキャバリアーズがジェームズの活躍によって 1Qに 30-17とリードし、 2Qはラブが 11点入れて引き離し、61-39とした。

3Qは開始からラブがフリースロー 3投と 3ポイントを入れて 67-39と 28点差をつけた。 その後は約 20点差を保って進め、ピンチを作らずに逃げ切った。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com