TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
  NBAファイナル2014

 
UPDATED 2014/6/16
スパーズ 7年ぶり優勝
レナードが最優秀選手
6月 15日 -- NBAファイナル・第5戦はスパーズがホームでヒートに 104-87で勝利し、 7年ぶり 5度目の優勝を果たした。

シリーズの最優秀選手MVPには第3戦から 3試合連続で 20点以上あげ、 リバウンドでも活躍したスパーズのカワイ・レナードが選ばれた。

両チームは昨年のNBAファイナルでも対戦し、第7戦の末にヒートが優勝した。 スパーズは第5戦で王手をかけて第6戦で優勝目前まで行ったが、土壇場で追いつかれ、優勝を果たせなかった。 今回はヒートに付け入る隙を見せずに圧倒的な強さで一気に頂点に達した。

「チームは昨年のことを忘れていない。ロッカールームの雰囲気は最悪だった。 その教訓を生かしてここまでやってきた。昨年の借りをかえした。 」- ティム・ダンカン

この日は開始直後に 22-6とヒートに大きくリードされたが、 徐々に流れをつかんで盛り返し、47-40と逆転して前半を終えた。

3Qは激しいぶつかり合いとなったが、パティ・ミルズが連続して 3ポイントを決めて リードをひろげ、3Q残り 5分で 20点差にした。 4Qは開始直後に 14点差に縮まったが、それ以上は近づけずにリードを保ち、残り 5分半でトニー・パーカーがレイアップを入れて 20点差にした。

その後も追加点を入れて大差を保ち、優勝を決めた。

レナードが 22点 10リバウンド、 エマニュエル・ジノビリが 19点、 ミルズが 3ポイントを 5本決めて 17点あげた。

ヒートはNBAファイナル 3連覇を果たせなかった。 レブロン・ジェームズが 31点、10リバウンドをあげた。

ジェームズは第1戦で脚を痙攣させる トラブルがあったが、シリーズを通して安定した活躍を見せた。 他の選手が活躍できずにチームの得点が伸びなかった。 100点を越えた試合はなく、平均 91.6点だった。

スパーズの平均得点は 105.6。


Copyright © 1996-2014 TSP21.com