TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
  NBAファイナル2014

 
UPDATED 2014/6/6
スパーズ終盤攻勢かけて勝利
レブロン足つって退場
6月 5日 -- NBAファイナルがサンアントニオで開幕し、ホームのスパーズが 4Q残り 6分から 3ポイント攻勢をかけて得点を伸ばし、ヒートに 112-107で先勝した。

ヒートは 3Qに 78-74とリードし、4Qもいい流れで進めたが、 残り 7分半でレブロン・ジェームズが左足に痛みを訴えてベンチに下がった。

マッサージを受けて残り 4分からコートに戻ったが、 直後にレイアップを決めたプレイで左足をつって動けなくなった。 トレーナーに担がれてベンチに下がり、手当てを受けたが、それ以降はプレイしなかった。

会場の「AT&Tセンター」は空調施設が故障し、気温 30度を超える中で試合が行われた。 高温がジェームの体調に悪影響を及ぼした可能性がある。 他の選手に大きな影響はみられなかった。

スパーズは 4Q残り 6分から不振だったダニー・グリーンが 3ポイントを 2連打して 90-88と逆転した。 さらにグリーンはジェームズが退場した直後にも 3ポイントを入れた。

カワイ・レナードとトニー・パーカーも 3ポイントを追加して残り 1分で 10点差をつけて勝利した。

スパーズはフィールドゴール(FG)成功率が 58.8パーセント、 3ポイント成功率が 13/25、52パーセントに達した。 リバウンドは 39-29でヒートを大きく上回った。

ティム・ダンカンが 21点 10リバウンド、パーカーが 19点、 エマニュエル・ジノビリが 16点 11アシストだった。 グリーンは最後の 6分間に 11点あげて 13点だった。

ヒートのFG成功率 47.4パーセントだった。 ジェームズが 25点、ドゥエイン・ウェイドが 19点、 クリス・ボッシュが 18点 9リバウンドあげた。

ジェームズはNBA史上 3人目の プレーオフ通算 4,000得点、1,000アシストに達した。 これまでマイケル・ジョーダンとコービー・ブライアントが記録している。

レイ・アレンはNBAファイナルでの通算 3ポイントを史上 2位の 49本とした。 最多はロバート・オーリーの 56本。


Copyright © 1996-2014 TSP21.com