TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
  西カンファレンス決勝2014

 
UPDATED 2014/5/26
復帰イバカが攻守で存在感
サンダーがホームで勝利
5月 25日 -- サンダー西カンファレンス優勝決定シリーズ・第3戦をスパーズとホームで行い、 ふくらはぎ故障から復帰したセルジ・イバカが攻守で存在感を発揮して 106-97で勝利し、対戦成績を 2-1と挽回した。

イバカは 15日のクリッパーズ戦で左ふくらはぎを負傷してこのシリーズは全休する予定だったが、驚異的な回復によって状態が戻ったため、復帰を決めた。

この日は開始からジャンプシュートを決めるなど、故障を感じさせない機敏な動きで活躍した。 15点 7リバウンドだった。

「イバカはディフェンスだけでなく、オフェンスでもチームに大きく貢献した。」- スコット・ブルックス監督

サンダーは 2Q途中からリードを奪って有利に進め、スパーズの反撃を抑えて徐々に引き離していった。 3Qを 83-76として終え、4Qは残り 4分でラッセル・ウェストブルックがレイアップを入れて 20点差にした。

その後は追加点がシュート 1本だけだったが、リードを保って逃げ切った。

サンダーのフィールドゴール(FG)成功率は 45.7パーセントだった。 ウェストブルックが 26点 8リバウンド 7アシスト、 ケヴィン・デュラントが 25点 10リバウンドあげた。

スパーズのフィールドゴール(FG)成功率は 39.6パーセントにとどまった。 エマニュエル・ジノビリが 3ポイントを 6本決めて 23点あげたが、 他の選手は低調だった。トニー・パーカーは 9点に封じられた。


Copyright © 1996-2014 TSP21.com