TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
  NBAプレーオフ 2回戦 2014

 
UPDATED 2014/5/15
ヒート 4Q 9点差逆転
4年連続東決勝進出
5月 14日 -- ヒートプレーオフ 2回戦・第5戦をネッツとホームで行い、 4Qに 9点差を逆転して 96-94で勝利し、4年連続の東カンファレンス決勝進出を決めた。

9点劣勢で 4Qに入り、ラシャード・ルイスとレブロン・ジェームズが連続 3ポイントを入れて 3点差に接近したが、同点にできずに引き離された。

残り 5分半で 9点差になった後、クリス・ボッシュが 3ポイントを入れて 6点差にしたが、ジョー・ジョンソンにジャンプシュートを返されて 8点差になった。

そこからはネッツのシュートが入らなくなり、ヒートが一方的に得点した。 残り 32秒でレイ・アレンが 3ポイントを入れて 93-91と逆転し、さらにアレンがフリースロー 2投を追加して 4点差にした。

ネッツは残り 11秒でジョーンソンが 3ポイントを入れて 1点差にしたが、それが最後の得点になった。 ヒートは残り 9秒でジェームズがフリースロー 1投を入れて 2点差にした。

ネッツは最後の攻撃でジョーンソンがボールを持ってフリースローライン付近に進んだが、 アレンとジェームズにボールを叩かれてターンオーバーとなり、シュートを打てずに試合終了となった。

ヒートはフリースローを 29投入れて効率よく得点した。成功率は 29/31、93.5パーセントに達した。 ジェームズが 29点 9リバウンド、ドゥエイン・ウェイドが 28点あげた。 東カンファレンス決勝ではペイサーズウィザーズの勝者と対戦する。

ネッツは 2003年以来の決勝進出を逃した。 ジョンソンが 39点、ポール・ピアースが 19点あげた。


Copyright © 1996-2014 TSP21.com