地区シリーズ2021

 
UPDATED 2021/10/9

Rソックス 13回サヨナラ勝ち
レイズ幻の勝ち越し点

10月 10日 -- アメリカンリーグの地区シリーズレッドソックスがホームでレイズと第3戦を行い、 13回裏にクリスチャン・バスケスがグリーンモンスター越えの 2ラン本塁打を放って 6-4でサヨナラ勝ちした。

3-3で延長に進み、13回はレイズが表の攻撃で 2死一塁とし、 ケヴィン・キールマイアーが右越え二塁打を放った。 打球はフェンスに跳ね返った後、右翼手のハンター・レンフローに当たってフェンスを越えた。

これによってエンタイトル二塁打と判定され、走者は本塁に生還できなかった。 失点を阻止するために野手が故意にボールをフェンス越えにさせたとも見て取れるプレイだったが、 審判団はニューヨークの本部とも協議し、判定を変えずに走者二三塁で再開した。

次のマイク・ズニノは三振に倒れて勝ち越せなかった。

レッドソックスは裏の攻撃で 1死後一塁とし、バスケスが特大弾を放って決めた。


Copyright © 1996-2021 TSP21.com