リーグ優勝決定シリーズ2020

 
UPDATED 2020/10/16

ブレーブスWシリーズに王手
カーショーを攻略

10月 15日 -- ナショナルリーグ優勝決定シリーズ・第4戦はブレーブスドジャーズの左腕エース、クレイトン・カーショーを攻略して 10-2で勝ち、対戦成績 3-1としてワールドシリーズ進出に王手をかけた。

三回に 1失点した後、四回にマーセル・オズーナが左越えソロ本塁打を放って同点にした。

六回は先頭打者が投越え内野安打で出塁し、 次のフレディー・フリーマンが右前二塁打を放って 1点勝ち越した。 さらに次のオズーナが左中間二塁打を放って 1点入れ、3-1としてカーショーをマウンドから引きずり下ろした。

ブレーブスは勢いに乗って 2番手のリリーフ投手も打ち、1死後に右前安打、三塁線二塁打で 2点入れ、中前安打でもう 1点入れて 6-1とした。

3番手のリリーフ投手からは四球と中前安打で 1点とった。7-1とした。

七回に 1失点したが、裏の攻撃でオズーナが 2本目の中越えソロ本塁打を放って 8-2とした。 八回には四球と 2安打で 2点追加した。

オズーナは 4安打 4打点の活躍だった。

カーショーは 6回途中まで投げて 7安打 4失点 1四球 4奪三振だった。


Copyright © 1996-2020 TSP21.com