アリーグ優勝決定シリーズ2009

 
UPDATED 2009/10/21
ヤンキースAL優勝に王手
サバシア 8回を 1失点
10月 20日 -- アメリカンリーグ優勝決定シリーズ第 4戦は ヤンキースの CCサバシアが 8回を 5安打 1失点に抑えてエンゼルスに 11-1で勝利した。 対戦成績を 3-1とし、アメリカンリーグ優勝に王手をかけた。

サバシアは 1回から安定した投球で危なげなかった。 5回にケンドリー・モラレスにソロ本塁打を許して失点した。 そこで動揺して続けて 2連打されたが、追加失点はしなかった。

6回は四球と安打で無死 1-2塁にしたが、 併殺で抑えた。101球で降板した。

打線は 13安打を放ち、好調アレックス・ロドリゲスが 5回に 2ラン本塁打を 放つなど、3安打 2打点だった。 メルキー・カブレラは 3安打 4打点だった。 松井秀喜はまるでダメ。 5打数無安打 3三振だった。

MLB / ニュースフロント / ヤンキース 10-1 エンゼルス
プレイオフ / 優勝決定シリーズ / 10月の日程と結果 / ヤンキース / エンゼルス


Copyright © 1996-2013 TSP21.com