アリーグ優勝決定シリーズ2009

 
UPDATED 2009/10/20
エンゼルス延長戦制す
マシスがサヨナラ 2塁打
10月 19日 -- 会場をアナハイムに移したアメリカンリーグ優勝決定シリーズ第 3戦は エンゼルスが延長 11回にジェフ・マシスのサヨナラ 2塁打で ヤンキースを 4-3で下し、 対戦成績を 2-1と挽回した。

7回にエンゼルスが 4-3とリードしたが、 8回にヤンキースのホルヘ・ポサーダが ソロ本塁打を放って同点にした。

延長戦は 10回にエンゼルスがチャンスをつくり、 マシスが 2塁打で出塁して 1死後に満塁にしたが、 後続のトリー・ハンターと ヴラディミール・ゲレーロが凡退して得点できなかった。

11回は 2死からハウイー・ケンドリックが中安打で 出塁し、続くマシスが左深くへ打球を飛ばして ケンドリックがホームに戻って終わった。

「選手生活で最大の安打だ。とても気分がいい。」- マシス

エンゼルスは 13安打はなった。ケンドリックが 3安打だった。 マシスは途中出場で 2安打だった。

ヤンキースは 8安打だった。4点はすべてソロ本塁打だった。 松井秀喜は 1安打 2四球だった。

MLB / ニュースフロント / ヤンキース 4-5 エンゼルス
プレイオフ / 優勝決定シリーズ / 10月の日程と結果 / ヤンキース / エンゼルス


Copyright © 1996-2013 TSP21.com