ナリーグ優勝決定シリーズ2009

 
UPDATED 2009/10/17
ドジャーズが 8回に逆転勝ち
アトリーが痛恨の悪送球
10月 16日 -- ナショナルリーグ優勝決定シリーズ第 2戦は ドジャーズが 2-1でフィリーズを下し、対戦成績を 1-1とした。

7回まで 1-0で劣勢だったが、8回にロニー・ベリアードのバント安打など 2安打で 無死 1-2塁とし、ラッセル・マーティンの遊ゴロから併殺の時に 2塁カバーに入ったチェイス・アトリーが 1塁へ悪送球して同点となった。

さらにジム・トーミーが右安打、ラファエル・ファーカルが 四球で歩いて満塁とし、続くアンドレ・イーシアが 四球を選んで押し出しで勝ち越した。

9回はジョナサン・ブロクストンが登板し、 三者凡退に抑えて逃げ切った。

先発したヴィセンテ・パディーヤは 8回途中まで 4安打 1失点 6奪三振の好投だった。

フィリーズは先発したペドロ・マルティネスが 会心の投球を見せた。 7回を 2安打無失点に抑えた。 2番手のチャン・ホ・パクが打たれてリードを守れなかった。

3回の攻撃では無死 1塁からマルティネスが送りバントする プレイがあった。内野フライになり、 1塁手のジェームズ・ローニーがワンバウンドで 補給して併殺にしたが、故意落球と判定され、 打者がアウト。走者は 1塁に残された。

MLB / ニュースフロント / フィリーズ 1-2 ドジャーズ
プレイオフ / 優勝決定シリーズ / 10月の日程と結果 / フィリーズ / ドジャーズ


Copyright © 1996-2013 TSP21.com