MLB地区シリーズ2006

 
UPDATED 2006/10/9
カーディナルズ 3年連続NL決勝
カーペンター 7回 2失点
10月 8日 -- カーディナルズが 6-2でパドレスを下し、 プレイオフ地区シリーズの対戦成績を 3勝 1敗として 3年連続となるナショナル優勝決定シリーズ進出を決めた。

決勝シリーズではメッツと対戦する。 11日にニューヨークで開幕。

「今季は好不調の波が激しく、苦戦したのでリーグ決勝へ進出できたことは特にうれしい。 ワールドシリーズまで勝ち進みたい。 」- 監督トニー・ラルーサ

この日は先発登板したクリス・カーペンターが 立ち上がりにふらつき、2安打された後、2四球と 内野ゴロで 2失点した。その後は立ち直って 見違えるような投球を見せ、 8回頭まで無失点に抑えた。

打線は 1回に 2安打と四死球によって 2-2の 同点とし、6回に ファン・エンカルナシオンの 3塁打など 3安打と四死球によって 4点を奪って勝利へ向かった。

パドレスは 8回に無死から 2連打して 1-3塁の 絶好機を作ったが、三振と マイク・ピアッツァの遊ゴロ併殺打で得点できなかった。 9回も 2安打で 1死 1-3塁としたが、三振と 内野ゴロで試合終了となった。

カーディナルズの田口壮は出場しなかった。

MLB / ニュースフロント / パドレス 2-6 カーディナルズ /
プレイオフ2006 / ホーム / 地区シリーズ /
10月の日程と結果 / パドレス / カーディナルズ /


Copyright © 1996-2013 TSP21.com