MLB地区シリーズ2006

 
UPDATED 2006/10/4
プホルズ 2ラン本塁打
ピアッツァ飛球捕れずに命拾い
10月 3日 -- アルバート・プホルズが 4回に 2ラン本塁打を放った カーディナルズが 5-1でパドレスを下し、 地区シリーズを先勝した。

プホルズは左中間に先制 2ランを放ったが、その前に捕邪飛を打ち上げ、アウトになるところだった。 パドレスの捕手マイク・ピアッツァが捕球できずに命拾いした。 打球はネットに当たったようだったが、よく分からなかった。

「あの飛球は捕れたと思う。 ネットは言い訳にしかならない。 」- ピアッツァ

プホルズはそのまま打席に残り、フルカウントから 完璧なスウィングで本塁打をスタンドへ叩き込んだ。 パドレスの先発投手 ジェイク・ピーヴィーは その一発で意気消沈し、さらに 2安打、1犠飛を許して 1失点した。

カーディナルズは 5回と 6回にも 1点ずつ追加点を入れて 5-0とした。 パドレスは 1点を返したが、同点に追いつくことはできなかった。

カーディナルズの田口壮は 7回から守備で出場した。打席はなかった。

MLB / ニュースフロント / カーディナルズ 5-1 パドレス /
プレイオフ2006 / ホーム / 地区シリーズ /
10月の日程と結果 / カーディナルズ / パドレス /


Copyright © 1996-2013 TSP21.com