WBCニュース

 
UPDATED 2017/3/22
日本 世界一奪還ならず
アメリカに 1-2で敗れる
3月 21日 -- 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC) 準決勝・第2試合は 日本代表「侍ジャパン」がアメリカ代表に 1-2で敗れ、世界一奪還を果たせなかった。

試合は雨の中で行われた。投手戦となってロースコアで進んだ。

先発登板した菅野(巨人)はピンチを作りながも力投して容易に失点しなかった。 四回に二塁を守る菊池(広島)のエラーで出塁を許し、 四球を与えて一二塁にした後、アンドリュー・マカッチン(パイレーツ)に左前安打されて 1失点した。

打撃は送りバントや進塁打など、細かい技を使って点を行こうとしたが、上手くいなかった。 六回にあげた 1点は菊池が汚名返上の右越えソロ本塁打を放った。

アメリカは八回の攻撃で 2連打して 1死二三塁のチャンスを作った。 続くアダム・ジョーン(オリオールズ)は三ゴロに倒れたが、 三塁手の松田(ソフトバンク)が捕球時にお手玉してホームに投げられずに 1点勝ち越した。

日本はその裏の攻撃で内川(ソフトバンク)が右前安打を放って出塁し、送りバントと四球で 2死一二塁の チャンスを作ったが、筒香(DeNA)が放った 右方向の打球は伸びずに平凡な右飛に終わり、得点できなかった。

九回の攻撃は三者凡退に終わった。

アメリカは 22日の決勝でプエルトリコと対戦する。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com