NBA西カンファレンス決勝2020

 
UPDATED 2020/9/27

レイカーズ 10年ぶりNBAファイナル
レブロン「トリプルダブル」

9月 26日 -- 西カンファレンス決勝・第5戦はレブロン・ジェームズが 38点 16リバウンド 10アシストを記録したレイカーズが 117-107でナゲッツに勝ち、10年ぶり 31度目のNBAファイナル進出を決めた。

ジェームズのトリプルダブルは今シリーズ 2度目、プレーオフ通算 27度目となった。 前半は 2Qに 14点あげて 16点 7リバウンド 6アシストだった。 後半は 3Q残り 6分半で 10リバウンドに達し、4Q残り 4分半で 10アシストに達した。

レイカーズはジェームズの活躍によって 2Q残り 6分で 49-38とリードし、 3Qはジェームズの活躍が 4点と少なく、 ナゲッツに追い上げられて終了間際に 84-84となったが、逆転は許さなかった。 アンソニー・デヴィスが 3ポイントを入れて勝ち越した。

4Qはジェームズが再び積極的にシュートを決めて得点を伸ばした。18点入れた。 残り 6分で 102-92とし、さらに手を休めずに点を取り続けて残り 2分でジェームズが 3ポイントを入れて 115-103とし、逃げ切った。

NBAファイナルはセルティクスヒートの勝者と対戦する。

ナゲッツは初のNBAファイナル進出を果たせなかった。 今プレーオフは 2シリーズ連続で 1勝 3敗から逆転し、 崖っぷちに追い詰められた粘り強さを発揮していたが、3度目の逆転劇はなかった。

この日は 4Qに 3ポイントを 1本も決められなかった。 得点が伸びずに逆転できなかった。


Copyright © 1996-2020 TSP21.com