F1 ルール改正2022

UPDATED 2022/8/8
F1ルール改正

E10燃料

従来の E5燃料からバイオエタノールの割合が 10%へ引き上げられた E10燃料を使用する。

18インチタイヤ

タイヤサイズが従来の 13インチから 18インチに変更。

決勝スタートタイヤ義務の廃止

決勝スタートタイヤの使用義務が撤廃され、自由選択となる。 これまではQ3進出者はQ2でベストタイムを記録したタイヤを決勝スタート時に使用する義務があった。

スプリント

昨年の「スプリント予選レース」の正式名称を「スプリント」に変更。 ポイントを上位 8位まで与える。 決勝レースのポールポジションは金曜日の予選で決定し、 スプリント結果は影響しない。

短縮レースのポイントシステム

短縮レースでのポイント配分が変更。 これまではレース距離「75%以上」フルポイント、「2周以上 75%未満」ハーフポイント、「2周未満」ノーポイントの 3段階だったが、 2022年からレース距離「75%以上」、「50%以上 75%未満」、「25%以上 50%未満」、「2周以上 25%未満」、「2周未満」の 5段階に分けてポイントが配分される。 「75%以上」はこれまでと変わらずにフルポイント、「2周未満」はノーポイント。他の 3段階は新しくポイント分配を設定した。
 2周以上 25%未満25%以上50%未満50%以上75%未満
1位61319
2位41014
3位3812
4位269
5位158
6位46
7位35
8位23
9位12
10位1

フリー走行

木曜日に行われていたドライバーの公式記者会見を金曜日の午前中に行い、 金曜日の午前中のフリー走行が廃止。

新人ドライバーの起用

金曜日のフリー走行で年間 2回は新人ドライバーを起用する義務が課せられる。

パルクフェルメ規定

パルクフェルメ規定の適用を従来の「予選出走時点」から土曜日の「フリー走行3出走時点」に繰り上げられる。

風洞実験

風洞実験と数値流体力学(CFD)システムの利用制限を強化。 前年に好成績を残したチームほど空力テストの許容量が少なくなる。