TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

西カンファレンス決勝2018


 
UPDATED 2018/5/15

西決勝ウォリアーズが先勝
後半にロケッツ引き離す

5月 14日 -- 西カンファレンス決勝は 第2シードのウォリアーズが敵地で第1シードのロケッツと第1戦を行い、後半にリードして 119-106で先勝した。

先発布陣はフォワードのドレイモンド・グリーンをセンターで起用し、 ガードのアンドレ・イグオダラを入れてスモールラインナップで臨んだ。

開始直後はシュートミスが続いたが、 3ポイントを決めて流れを引き込み、ロケッツと互角に渡りあった。 前半は 56-56だった。

後半 3Qはケヴィン・デュラントを先頭に得点を伸ばして有利に進め、 87-80とリードした。

4Qはクレイ・トンプソンが 3ポイントを効果的に決めてリードを保った。 残り 2分を切ってステフィン・カリーがレイアップを入れて 112-100とし、 その後はフリースローで追加点を入れて逃げ切った。

ウォリアーズのフィールドゴール(FG)成功率は 52.5パーセントに達した。 ケヴィン・デュラントが 1Qと 3Qに各 13点入れて 37点、 トンプソンが 3ポイントを 6本入れて 28点だった。 カリーは 3ポイント 1本で 18点だった。

ロケッツのFG成功率は 45.9パーセントだった。 フロントコートの得点が伸びずにデュラントに対抗できなかった。

バックコートはジェームズ・ハーデンが 3ポイントを 5本入れて 41点、 クリス・ポールが 23点 11リバウンド、エリック・ゴードンが 15点だった。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com