TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

NBAプレーオフ 1回戦 2018


 
UPDATED 2018/4/16

ハーデン 3P 7本で 44点
ロケッツ苦しむも先勝

4月 15日 -- 西カンファレンスのプレーオフ 1回戦は 第1シードのロケッツがホームで第8シードのウルヴズと第1戦を行い、ジェームズ・ハーデンが 3ポイントを 7本入れて 44点あげ、104-101で先勝した。

ハーデンは 1Qに 3ポイントを 1本入れて 7点、2Qに 2本入れて 12点、 3Qに 2本入れて 12点、4Qに 2本入れて 13点だった。

ロケッツはハーデンの活躍があったが、リードを奪っても有利に進められずに追いつかれ、苦戦した。

1Qは開始 5分で 15-4とリードしたが、そこからシュートが決まらなくなって残り 1分で 21-21と同点にされた。

2Qに再びリードして残り 3分でハーデンが 3ポイントを 2連打して 50-40と 10点差にしたが、3Qに追いつかれた。

4Qは残り 6分半でウルヴズが 86-85とリードした。 ロケッツはエリック・ゴードンがジャンプシュートを決めて逆転し、 ハーデンがバンクシュート、レイアップ、3ポイントと連続して決めて 94-86と引き離した。

ウルヴズは粘って残り 26秒で 102-99と 3点差に縮め、 ロケッツにフリースロー 2投を決められた後、カール=アンソニー・タウンズが リバウンドを押し込んで残り 14秒で再び 3点差にした。

続く守備でターンオーバーを奪って同点のチャンスを得たが、 最後の攻撃はジミー・バトラーが右45度から 3ポイントを放ち、 エアボールとなって決まらずに試合終了となった。

ロケッツはクリント・カペラが 24点 12リバウンド、クリス・ポールが 14点だった。

ウルヴズはアンドリュー・ウィギンズが 18点、 ベンチスタートのデリック・ローズが 16点だった。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com