TSP21 |  スポーツ |  テニス  検索 |  Mail 
 

テニス・ニュース

 
UPDATED 2020/9/13

大坂なおみ全米制覇
2年ぶり 2度目

9月 12日 -- 四大大会の全米オープン女子決勝は世界ランキング 9位で第4シードの大坂なおみが同27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に 1-6、6-3、6-3で逆転勝ちし、2年ぶり 2度目の優勝を果たした。

第1セットはアザレンカが積極的にプレイして第1ゲームをブレークし、主導権を握って進めた。 大坂は第3ゲームをキープしたが、流れを引き戻せずにその後は第5、第7ゲームをブレークされて落とした。

大坂は第2セットも第2ゲームをブレークされて劣勢となり、苦しかったが、 第3ゲームで集中力を高めてラリーに競り勝ち、ブレークバックに成功した。 その後はアザレンカの勢いが衰えてミスをするようになり、 大坂がチャンスを作った。第7、第9ゲームをブレークしてとった。

第3セットは第4ゲームをブレークしてリードしたが、 第7ゲームをブレークバックされた。 第8ゲームをブレークして再びリードし、第9ゲームをキープして優勝した。

全米オープンの複数制覇は史上 12人目となった。優勝賞金は 300万ドル(約3億1800万円)。

大坂は 2019年の全豪オープンを含めて通算 3度目の四大大会制覇となり、 アジア勢ではリ・ナ(中国)を抜いて最多となった。


Copyright © 1996-2020 TSP21.com