サッカー NEWS

 
UPDATED 2011/1/26
日本アジアカップ決勝進出
PK戦で 韓国を下す
1月 25日 -- アジアカップ2011 カタール大会・準決勝は日本がPK戦の末に韓国に勝利し、2大会ぶりの 決勝進出を決めた。

前半 23分にエリア内で今野がパク・チソンとぶつかって 反則を取られ、キ・ソンヨンにPKを決められて失点した。 その後は流れをつかめずにやや苦しかったが、36分に左サイドで 本田から長友にパスが通って突破し、折り返しを前田が中央で押し込んで同点にした。

後半は韓国が攻勢を強め、日本は防戦を強いられたが、失点せずに 1-1で 90分を終えた。

延長も韓国が有利に進めたが、日本は 97分に前線に走りこんだ 岡崎がエリア際で倒されてPKを取った。 本田のキックはキーパーに阻まれたが、 細貝が詰めて蹴りこみ、勝ち越した。

その後は守備を固めて逃げ切りを試みたが、終了間際の 120分に 韓国に押し切られて同点にされた。左フリーキックからゴール前で混戦になり、 ファン・ジェウォンに押し込まれた。

PK戦はGK川島が驚異的な集中力は見せた。 2本のキックを止めた。日本は本田と岡崎が決めた。 3本目は長友が左上に外したが、韓国もホン・ジョンホが右に外した。 日本は 4人目の今野が右に決めて勝利した。

ビデオハイライト 日本 2 - 2 韓国 3PK0 / 前田ゴール / 細貝ゴール / 韓国同点ゴール / PK戦
サッカー / ニュースフロント / アジアカップ2011 カタール大会


Copyright © 1996-2013 TSP21.com