WEEK 1

NFL
 
UPDATED 2021/9/14

二転三転の延長戦
レイダーズが勝利のTDパス

9月 13日 -- 第1週のマンデーナイトは延長でターンオーバーが 2回出て二転三転し、 最後にQBデレク・カーがWRジェイ・ジョーンズに 31yタッチダウン(TD)パスを決めてホームのレイダーズが 33-27でレイブンズを下した。

序盤はレイブンズが有利に進め、 1QにRBタイソン・ウィリアムズが 35yTDランを決めて先制し、 2Qは敵陣 10yに攻め込み、QBラマール・ジャクソンが長々とボールを持って逃げながらWRマーキス・ブラウンに 10yTDパスを決めて 14-0とした。

TDパスを投げるまでに 7.84秒ボールを持ったのはNFL史上 5番目に長い記録だという。

レイダーズはそこから反撃し、RBジョシュ・ジェイコブズが 2yTDランと 15yTDランを決めて 4Q残り 9分で 17-17とした。

その後は互角の攻防が続き、レイブンズは 4Q残り 37秒でKジャスティン・タッカーが 47yフィールドゴール(FG)を成功して 27-24と勝ち越したが、逃げ切れなかった。

レイダーズは自陣 25yから攻撃してカーが 20y、18yと連続してパスを決めて残り 7秒で敵陣 37yに到達した。 Kダニエル・カールソンが登場して 55yFGを見事に決めて同点にした。

延長はレイダーズが先攻をとり、 6プレイ目にカーがRBガス・エドワーズに 33yTDパスを決めたが、リプレイ判定によって覆り、得点が取り消されてゴール前 1yでダウンとなった。 そこからカーがスニークで突っ込んだが、ゴールに届かなかった。 さらにTDパスを投げたが、インターセプトされて得点できずに終わった。

レイブンズは九死に一生を得たが、 続く攻撃の 5プレイ目にジャクソンが自陣 27yでサックされてファンブルロストした。

レイダーズはディレイオブゲーム反則で 5y罰退した後、 カーがロングパスを投げ、ジョーンズがキャッチを決めてエンドゾーンに走り込み、試合終了となった。


Copyright © 1996-2021 TSP21.com