TSP21 |  スポーツ |  NFL  検索 |  Mail 
   NFL NEWS

 
UPDATED 2010/4/11
ノートルダム大QBクローセン
上位指名目指して強くアピール
4月 10日 -- 今月のNFLドラフト会議で上位指名を目指すノートルダム大の 3年生QBジミー・クローセンが 母校の「プロ・デイ」で好投し、 集まったスカウト陣に強くアピールした。

クローセンは昨年 9月のミシガン州立大戦で右足の靭帯を損傷し、 手術が必要だったが、故障を押してプレイを続けた。 シーズン終了後の 1月に手術し、リハビリしていた。 足の状態はまだ 100パーセントではないという。

この日は 16球団のスカウトがノートルダム大を訪れた。 クローセンは 59回パスを投げ、57回成功した。 失敗した 2回はロングパスを長く投げすぎた。

全体 1位指名権を持つラムズは昨季までのエース QBマーク・バルジャーを解雇し、ドラフトで クォーターバックを指名する観測が強まっている。 監督スティーヴ・スパグノーロは具体的に興味ある選手を述べていないが、 クローセンにも注目しているようだ。

「素質ある選手には注目している。それらの中から指名を 決めるだろう。 」- スパグノーロ

ドラフト候補のクォーターバックでは オクラホマ大のサム・ブラッドフォードが 最も評価を得ているが、 中にはクローセンを上にしている評論家もいる。 また、二人とも故障を抱えているので 上位指名をパスされて 1巡でも下位での指名になるという見方もある。

NFLドラフト会議は 22日から 3日間に渡って開催される。

NFL / ニュースフロント


Copyright © 1996-2013 TSP21.com