TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

NBA西カンファレンス決勝 2017


 
UPDATED 2017/5/15

ウォリアーズ 25点差逆転
レナード負傷交代で流れ変わる

5月 14日 -- 西カンファレンス決勝は第1シードのウォリアーズがホームで第2シードのスパーズと第1戦を行い、 後半に得点を伸ばして 25点差を逆転し、113-111で先勝した。

ステフィン・ガリーが 3ポイントを 7本入れて 40点あげた。 前半は 14点だったが、後半は 3Qに 3ポイントを 4本入れて一挙 19点あげた。 接戦となった 4Qは要所でシュートを決めて 7点あげ、勝利をもたらした。

ウォリアーズはプレーオフに入って無傷の 9連勝となった。 プレーオフ 2回戦・第4戦から 5日間の休養を経てこの日の試合に臨んだ。 序盤はエンジンのかかりが鈍く、スパーズの積極的なディフェンスに封じられて精彩を欠いた。

1Qに 30-16とリードされ、2Qは残り 8分で 44-19と 25点差がついた。

3Qは開始からカリーが 3ポイントを決めたが、スパーズもそれに応じて 3ポイントを返し、互角の攻防が続いた。 残り 8分で 23点差だったが、スパーズはエースのカワイ・レナードがシュートした時に痛めていた左足首を捻って悪化させ、ロッカールームに下がった。 自力で歩き、重傷ではなさそうだったが、その後はプレイしなかった。

これを境に試合の流れが変わり、ウォリアーズはそこから攻勢をかけて 18点連取して一気に 5点差に縮めた。

その時点で逆転できなかったが、4Qは残り 4分でケヴィン・デュラントがレイアップを入れて 101-100と逆転した。

残り 2分でスパーズに 106-103とリードされた後、 カリーが右45度から 3ポイントを入れて同点にし、ドレイモンド・グリーンがレイアップを決めて再逆転した。 さらに追加点を入れて残り 38秒で 111-106と 5点差をつけた。

スパーズはエマニュエル・ジノビリがダンクし、続く守備でターンオーバーを奪った後、 パティ・ミルズがフリースロー 2投を入れて 1点差にしたが、逆転できなかった。

ウォリアーズは残り 9秒でカリーがフリースローライン付近から ジャンプシュートを入れて 3点差にした。

スパーズは残り 0.5秒でミルズがフリースロー 2投を得て 1投目を成功した。 2投目を故意に外したが、リバウンドを押し込めずに試合終了となった。

ウォリアーズはデュラントが 34点、ザザ・パシュリアが 11点 9リバウンドあげた。 クレイ・トンプソンは振るわずに 6点だった。

腰を手術したスティーヴ・カー監督はチームに合流したが、 サイドラインで指揮はとらずにアシスタントコーチのマイク・ブラウンが監督代行を務めた。

スパーズはアルドリッジが 28点 8リバウンドあげた。 カワイ・レナードは 3Q途中に交代するまでに 26点 8リバウンドを記録した。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com