TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
  NBAプレーオフ 2回戦 2014

 
UPDATED 2014/5/13
レブロン 49点
ヒートが終盤に競り勝つ
5月 12日 -- ヒートプレーオフ 2回戦・第4戦をネッツとホームで行い、 レブロン・ジェームズがプレーオフの自己最多タイとなる 49点あげて 102-96で勝利し、対戦成績を 3-1とリードした。

ジェームズはキャバリアーズ時代の 2009年 5月 20日のマジック戦で 49点を記録した。 この日は 1Qに 12点、2Qに 13点、3Qに 13点、4Qに 11点あげた。

ヒートはジェームズの活躍によって有利に進めたが、 大きく引き離すことはできずに終盤は苦戦した。

4Qは開始からネッツが 6点連取して 82-79と逆転した。 その後は 1点を争う激しい攻防が続き、残り 2分半で 94-94だった。

ヒートはそこからクリス・ボッシュが 3ポイントを入れて勝ち越した。 さらに残り 10秒でレイ・アレンがフリースロー 2投を入れて 5点差にした。

ネッツは直後にミルザ・テレトビッチがレイアップを入れて 3点差にしたが、それが最後の得点となった。 ヒートがフリースロー 3投を追加して逃げ切った。

ヒートのフィールドゴール(FG)成功率は 52.9パーセントだった。 ドゥエイン・ウェイドが 15点あげた。

ネッツのFG成功率は 43.6パーセントだった。 第3戦で猛威を振るった 3ポイントは 5/22、22.7パーセントと低調だった。ジョー・ジョンソンが 18点あげた。


Copyright © 1996-2014 TSP21.com