MLB NEWS

 
UPDATED 2009/3/24
日本 2連覇達成!
イチローが延長 10回に決める
3月 23日 -- 第 2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC) 決勝は日本が延長 10回の末に韓国を 5-3で下し、大会 2連覇を達成した。

3回に 1死 1-2塁から小笠原の一二塁間を破る適時打で 1点先制した。 その後も有利に展開したが、好機で追加点を奪えずにやや 重いムードだった。

5回に韓国の秋信守にソロ本塁打を浴びて同点にされたが、 7回に無死 1-3塁から中島の左前安打で 1点勝ち越した。 8回には 1死 2-3塁から岩村の犠飛で 3-1とした。

このまま逃げ切りたかったが、韓国の強い粘りにあい、 8回裏に 1失点。 9回も 2死までいって李机浩の三遊間安打で 1点失し、 決められなかった。

韓国が生気を取り戻し、日本としては嫌な雰囲気だったが、 10回の攻撃は先頭打者の内川が左前安打で出塁。 続く稲葉は的確に送りバントを成功させた。 岩村は流し打って左安打で続いた。 川崎は内野フライを凡打し、2死になったが、 続くイチローがファウルで粘った後に中前に きれいに打ち返して 2者が生還した。5-3として栄光に向かった。

その裏は 9回から登板したダルビッシュが 3者凡退に打ちとって歓喜の瞬間となった。 選手たちがベンチから飛び出し、原監督が 胴上げで宙に舞った。

日本は 15安打を記録した。イチローが 4安打 3打点、 内川が 3安打した。 先発登板した岩隈は制球が抜群によく、安定していた。 7回 2/3を投げて 4安打 2失点 2四球 6奪三振だった。

第 2回ワールド・ベースボール・クラシック / 侍ジャパン
MLB / ニュースフロント


Copyright © 1996-2013 TSP21.com