F1ニュース

UPDATED 2022/8/3

アルピーヌ内紛、 ピアストリが来季F1昇格を拒否

8月 2日 -- アルピーヌは来季のF1昇格を発表した リザーブドライバーのオスカー・ピアストリ(21)が「来年、アルピーヌでは走らない」と昇格を拒否した。

来季のドライバー契約をしておらず、相互の認識に隔たりがあったようだ。 ピアストリはアルピーヌに対して不審感を持ち、来季契約をしない意向のようだ。

アルピーヌは 1日にフェルナンド・アロンソ(41)が来季のアストンマーティン移籍を発表し、 その後任としてピアストリが来季昇格すると発表した。 ピアストリはその数時間後に自身のツイッターとインスタグラムで昇格拒否を表明した。

「こちらの合意なしにアルピーヌは来季の昇格を発表した。それは間違っている。アルピーヌと 2023年の契約はしていない。来年はアルピーヌでは走らないだろう」とした。

ピアストリは 2020年にF3で総合優勝し、2021年にアルピーヌ・アカデミーに加わった。 今季はアルピーヌのテストに参加してF1マシンを走らせた。

ピアストリの主張