バスケットボール・ニュース

 
UPDATED 2021/8/1

アメリカ 3P 20本決める
チェコを下して準々決勝進出

7月 31日 -- 東京五輪・男子バスケットボールは 4大会連続の金メダルを目指すアメリカがチェコと第3戦を行い、 3ポイントを 20本決めて 119-84で勝ち、準々決勝に進んだ。

2勝 1敗で 1次リーグを終え、A組 2位で通過した。

チームのフィールドゴール(FG)成功率は 61.6パーセントに達した。 1Qは低調で 35パーセントにとどまったが、 2Q以降は長短のシュートを効果的に決めて得点を伸ばした。

3ポイント成功率は 47.6パーセントだった。

控えのジェイソン・テイタム(セルティクス)が 3ポイントを 5本決めて 27点、 ケヴィン・デュラント(ネッツ)が 4本決めて 23点 8リバウンド 6アシストの活躍だった。

デュラントは五輪の通算得点でカーメロ・アンソニーが持っていたアメリカ選手の最多記録を更新した。

1Qはチェコに主導権を握られて 25-18とリードを許した。 2Qは 3ポイントを 5本決めてリズムに乗り、47-43と逆転して折り返した。

3Qはシュートをほとんど外さず決めて得点を伸ばし、82-60と引き離した。 4Qも一方的に得点して大差にして逃げ切った。

チェコは 1勝 2敗でA組 3位に終わり、敗退を決めた。


Copyright © 1996-2021 TSP21.com