WBCニュース

 
UPDATED 2017/3/15
山田 2発で日本逆転勝ち
キューバを 8-5で下す
3月 14日 -- 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC) 2次ラウンド・プールEは 日本代表「侍ジャパン」が「東京ドーム」で キューバ代表と第2戦を行い、 山田(ヤクルト)が 2本塁打を放って 8-5で逆転勝ちした。

山田は一回先頭打者でレフトへ先制弾を放った。

日本は先発登板の菅野(巨人)が打たれて逆転され、 四回に 2-4と劣勢になったが、 五回に筒香(DeNA)の中前適時打などで 2点あげて 4-4とした。

六回の守備で 1点失ったが、その裏の攻撃で小林(巨人)が左前適時打を放って 1点入れ、5-5とした。

八回は 2死後に守備エラーと秋山(西武)の左前安打で一三塁にし、 代打の内川(ソフトバンク)が右犠飛を放って 1点勝ち越した。 さらに続く山田が左中間越え 2ランを放って 3点差にした。

九回の守備は牧田(西武)が三者凡退に打ち取った。

日本はこの後、15日にイスラエル代表と対戦する。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com