サッカー・ニュース


 
UPDATED 2019/6/7

オランダがイングランド下す
UEFAネーションズリーグ準決勝

6月 6日 -- UEFAネーションズリーグはポルトガルのギマラエスで準決勝・第2試合を行い、オランダが延長の末にイングランドに 3-1で勝ち、決勝に進んだ。

イングランドは 32分にラッシュフォードがペナルティーエリア内でオランダのバックパスをカットして倒され、PKを獲得した。 自らキックを決めて先制した。

オランダは 73分に右コーナーキックをデリフトが頭であわせて同点にした。

イングランドは 83分にリンガードがスルーパスを受けてゴールを決めたが、 VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)によってオフサイドと判定されて覆り、 得点が取り消された。

1-1で 90分を終了して延長に進み、 オランダは 97分にデパイがペナルティーエリア手前でボールを奪ってシュートし、 キーパーがはじいたボールをプロメスが押し込んで勝ち越した。

さらに 114分にデパイがペナルティーエリア左でイングランドのバックパスをカットし、中央に折り返してプロメスが右足で決めた。

決勝は 9日にポルトガルのポルトで行われる。 オランダはポルトガルと対戦する。


Copyright © 1996-2019 TSP21.com