サッカー・ニュース


 
UPDATED 2018/11/9

南野「ハットトリック」
ザルツブルクEL 4連勝

11月 8日 -- UEFAヨーロッパリーグ(EL)・グループステージBは南野拓実が「ハットトリック」を達成したザルツブルク(オーストリア)が敵地でローゼンボリ(ノルウェー)に 5-2で勝ち、4連勝した。

南野は「4-1-3-2」布陣のトップ下で出場し、78分までプレイした。

5分に中央でパスを受けてドリブルでペナルティーエリア内に進み、 右足グラウンダーで先制ゴールを決めた。

19分には後方からペナルティーエリア内にあげられたボールを 2人のディフェンスを背負いながら、左足ボレーであわせた。

45分にはペナルティーエリア内でパスを受けて左足でシュートし、 キーパーにブロックされたこぼれ球を自ら押し込んだ。

ザルツブルクは前半に南野の 3点とグルブランセンが 38分に決めたゴールで 4-0とリードし、 後半は 2失点したが、57分にオウンゴールで追加点を入れて逃げ切った。

B組のもう 1試合は セルティック(スコットランド)がホームでライプツィヒ(ドイツ)に 2-1で勝った。

勝ち点はザルツブルク 12、ライプツィヒ 6、セルティック 6、ローゼンボリ 0となった。

次節は 29日に行われ、 ザルツブルクはホームでライプツィヒと対戦する。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com