サッカー・ニュース


 
UPDATED 2018/1/7

柴崎 64分から出場
ヘタフェ 0-2負け

1月 6日 -- スペインリーグは柴崎岳のヘタフェが敵地でアトレティコ・マドリードと対戦し、0-2で敗れた。

柴崎はベンチスタートで 0-1となった 64分から出場した。 守備的な中盤でプレイし、攻撃にも参加したが、得点につながる活躍はなった。

試合は開始からアトレティコが押し気味に進め、 19分にグリエズマンがドリブルで進んでディフェンスを引き付けて右にパスを出し、 フリーのコレアが右足アウトサイドで決めて先制した。

68分には右サイドからゴール前に流し込み、リーグ戦の復帰デビューを果たしたジエゴ・コスタが右足であわせて 2-0とした。

コスタはゴールを決めた後に観客席に入り込み、2回目の警告を受けて退場処分になった。

アトレティコは 10人になったが、失点せずに進めて逃げ切った。 11勝 6分 1敗となった。勝ち点 39で 2位。

ヘタフェは 6勝 5分 7敗となった。 勝ち点 23で 8位。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com