サッカー・ニュース


 
UPDATED 2017/8/31

W杯アジア予選大一番
日本代表 先発メンバー

8月 31日 -- FIFAワールドカップ2018(W杯)アジア最終予選日本代表が「埼玉スタジアム」でオーストラリア代表戦に臨み、 キックオフを前に先発メンバーが発表された。

主力の香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)、 本田圭佑(パチューカ)、久保裕也(ヘント)がベンチスタートとなり、予想外の布陣となった。

フォワードは乾貴士(エイバル)、大迫勇也(ケルン)、 浅野拓磨(シュツットガルト)。

中盤は井手口陽介(ガンバ大阪)、山口蛍(セレッソ大阪)、 長谷部誠(フランクフルト)。

ディフェンスは昌子源(鹿島)、長友佑都(インテル)、 酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)。

キーパーは川島永嗣(メッス)。

W杯アジア最終予選は 12カ国が参加し、2組に分かれて総当たりのホーム&アウェイ方式で対戦する。 各組上位 2カ国が本大会の出場権を獲得する。各組 3位はアジア第5代表決定戦に進む。

日本は勝ち点 17でB組首位、オーストラリアは勝ち点 16で同 2位。 日本は勝てば本大会出場を決める。 オーストラリアも同様に勝てば本大会出場を決める。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com