NFL2018シーズンのルール変更


 
UPDATED 2018/3/29
2018シーズンに正式変更
  • 2016年から試験導入していたキックオフによるタッチバックの攻撃開始位置を 20ヤードから 25ヤードにするルール改正を正式に導入。
2018シーズンのルール変更
  • パスキャッチの基準変更。これまで複雑だった「プロセス」ルールを削除し、簡素化。レシーバーが以下の 3つを満たせばパス成功となる。
    1. ボールを確保している。
    2. 両足か両手以外の身体の一部がインバーンズに入っている。
    3. ボールが一定の状態に達している。(レシーバーが捕球後に 3歩進む、ボールが目的の位置に到達する、ボールがしっかり抱きかかえられている、ディフェンスが近くにいない、など。)
    (2017シーズンのプレーオフ戦でスティーラーズのジェシー・ジェームズがキャッチ後にエンドゾーンに飛び込んだプレイが 3歩確保されていなかったためにパス失敗と判定されたプレイを受けて変更。)
  • プレイセンターの審判が悪質な反則をした選手を退場させるようにフィールド上の審判に指示するとこができる。
  • ヘルメットを低く下げてタックルしにいくプレイを 15ヤード罰退の反則とし、退場の対象とする。
  • 4Q終了時にタッチダウンが決まって勝敗が決した場合、エクストラポイントは行わない。

Copyright © 1996-2018 TSP21.com