東カンファレンス決勝2019


 
UPDATED 2019/5/16

バックス逆転勝ちで先勝
ロペス 4Q活躍 29点 11R

5月 15日 -- 東カンファレンス決勝は第1シードのバックスがホームで第2シードのラプターズと第1戦を行い、4Qに逆転して 108-100で先勝した。

1Qにラプターズの 3ポイント攻勢を止められずに 26-13とリードされ、その後も苦戦した。

3Qは 1点差に接近したが、逆転できなかった。4Qは開始からブルック・ロペスが 3ポイントを 2連打して 1点差に再接近し、 ニコラ・ミロティッチがフリースロー 2投を入れて 84-83と逆転した。

その後は 1点を争う激しい攻防となり、残り 4分で 98-98となった。 ラプターズはカワイ・レナードがフリースロー 2投を入れて勝ち越したが、 その後はシュートを決められずに追加点を奪えなかった。

バックスはヤニス・アデトクンボがフリースロー 1投を入れ、 ロペスがダンクして 101-100と逆転した。 さらにロペスが 3ポイントを入れて 4点差にし、フリースローで追加点を入れて逃げきった。

バックスはリバウンドが 60に達し、ラプターズの 46を大きく上回った。 ロペスは 4Qに 13点入れて 29点 11リバウンドの活躍だった。 アデトクンボが 24点 14リバウンド、マルコム・ブログドンが 15点、 クリス・ミドルトンが 11点 11リバウンドだった。

ラプターズは 4Qにシュートを決めたのがカイル・ラウリーのみで他の選手はすべて外した。 17点しか取れなかった。

レナードが 31点 9リバウンドだったが、4Qはフリースロー 2投のみの得点だった。 カイル・ラウリーは 4Qに 14点入れて 30点 8リバウンドだった。


Copyright © 1996-2019 TSP21.com