NBAプレーオフ 2回戦 2019


 
UPDATED 2019/5/4

4延長の死闘
ブレイザーズが制す

5月 3日 -- 西カンファレンスのプレーオフ 2回戦ブレイザーズがホームでナゲッツと第3戦を行い、 4延長の末に 140-137で勝ち、対戦成績を 2-1とリードした。

2Q途中に 29-19とリードしたが、すぐに追いつかれ、3Qから僅差の攻防が続いた。

4Qは残り 2分でナゲッツが 100-95とリードした。 ブレイザーズはモーリス・ハークレスが 3ポイントとレイアップを入れて同点にし、 残り 31秒でダミアン・リラードがジャンプシュートを入れて逆転した。

ナゲッツはその直後にウィル・バートンがレイアップを返して同点にした。

1回目の延長は残り 47秒でナゲッツが 109-107とリードした。 ブレイザーズはリラードが 2本シュートを外したが、 C.J.マカラムがシュートを決めて同点にした。

2回目の延長は残り 1分で 118-118となり、その後はともにシュートを決められなかった。

3回目の延長は残り 3分からナゲッツが 8点連取して残り 32秒で 129-125とリードした。 ブレイザーズはリラードがレイアップを 2本入れて同点にした。

4回目の延長は残り 18秒でロドニー・フードが右45度から 3ポイントを入れて ブレイザーズが 138-136とリードした。

ナゲッツは残り 5.6秒でニコラ・ヨキッチが反則されてフリースロー 2投を得たが、 1投目を外した。2投目を入れて 1点差に縮めた。

ナゲッツは続く攻撃でセス・カリーが反則を受けてフリースロー 2投を入れて残り 2.8秒で 3点差にした。

ナゲッツは最後の攻撃で敵陣ゴール前にロングパスを投げ入れたが、 ブレイザーズのポール・ミルサップにカットされて得点できずに終わった。

NBAプレーオフで 4延長まで行ったのは史上 2度目となった。 ヨキッチのプレイタイム 65分はNBAプレーオフで 4番目の記録となった。


Copyright © 1996-2019 TSP21.com