TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

NBAプレーオフ 2回戦 2019


 
UPDATED 2019/5/1

バックス猛攻で勝利
3ポイント 20本入れる

4月 30日 -- 東カンファレンスのプレーオフ 2回戦バックスがホームでセルティクスと第2戦を行い、3ポイントを 20本入れて得点をのばし、 123-102で勝って対戦成績を 1-1とした。

開始直後は失点が多くなってセルティクスに 12-5とリードされた。 そこから 3ポイントを決めていい流れを引き込んだ。 1Q残り 2分で 23-22と逆転した。

2Qは残り 1分半からクリス・ミドルトン、エリック・ブレッドソー、ジョージ・ヒルと 3ポイントを入れて 59-55としてハーフタイムに入った。

3Qは残り 7分からセルティクスのシュートが入らなくなり、バックスが一方的に得点した。 98-73と大差をつけた。

4Qは開始 2分半で 30点差にして勝利を決めた。

3ポイント 20本成功はバックスのプレーオフ球団記録となった。 ミドルトンが 7本入れて 28点 7リバウンド、ブレッドソーが 3本入れて 21点、 ヤニス・アデトクンボが 2本入れて 29点 10リバウンドだった。

セルティクスは第1戦で活躍したカイリー・アービングが封じられ、9点に終わった。 マーカス・モリスが 17点 7リバウンド、ジェイレン・ブラウンが 16点、 アル・ホーフォードが 15点 8リバウンドだった。


Copyright © 1996-2019 TSP21.com