NBAプレーオフ 2回戦 2019


 
UPDATED 2019/4/30

76ERS敵地で勝利
前半リードして逃げ切る

4月 29日 -- 東カンファレンスのプレーオフ 2回戦76ERSが敵地でラプターズと第2戦を行い、 2Q途中に 19点リードして後半に逆転を許さずに 94-89で逃げ切って対戦成績を 1-1とした。

1Qの失点を少なくして 26-17とリードし、 2Qは残り 4分でジミー・バトラーがフリースローを入れて 45-26とした。

その後は得点が伸びなくなってラプターズに反撃され、 3Q残り 3分で 61-60と 1点差に縮まったが、 ジョエル・エムビードがフリースロー 2投を入れて 3点にし、 バトラーがバンクシュートを入れて引き離した。

4Qは残り 5分半で 13点差にした後、ラプターズの 3ポイント攻勢を止められずに残り 46秒で 90-89と 1点差に縮まった。

エムビードがフックシュートを入れて 3点差にし、ラプターズがシュートを外した後、 トバイアス・ハリスがフリースロー 2投を入れて逃げ切った。

バトラーが 30点 11リバウンド、ジェームズ・エニスが 13点だった。

ラプターズはカワイ・レナードが 35点 7リバウンド 6アシスト、パスカル・シアカムが 21点 7リバウンド、 カイル・ラウリーが 20点だった。


Copyright © 1996-2019 TSP21.com