TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

NBAファイナル2018


 
UPDATED 2018/6/7

ウォリアーズ 3連勝で王手
デュラント 3P 6本で 43点

6月 6日 -- NBAファイナルウォリアーズが敵地でキャバリアーズと第3戦を行い、 4Q残り 1分を切ってケヴィン・デュラントが長い 3ポイントを入れて 110-102で勝ち、3連勝で 2連覇に王手をかけた。

デュラントは 3ポイントを 6本入れてプレーオフで自己最多の 43点を記録した。 13リバウンド 7アシストの活躍だった。

試合は序盤から接戦が続き、終盤までもつれた。 4Q残り 3分でキャバリアーズが 97-96とリードした後、 ウォリアーズはステフィン・カリーがレイアップと 3ポイントを入れて 101-97と逆転した。

残り 2分でキャバリアーズのレブロン・ジェームズに 3ポイントを返されて 1点差に縮まったが、 アンドレ・イグオダラがダンクを入れて 3点差にした。

さらに次の攻撃でデュラントがボールを持ってドリブルし、残り 49秒で中央の 3ポイントラインから 2歩下がった深い位置から 3ポイントを放ち、 鮮やかに決めて 6点差にした。

キャバリアーズは直後にジェームがレイアップを入れて 4点差にして粘ったが、 それが最後の得点になった。ウォリアーズはドレイモンド・グリーンがダンク、 カリーがフリースロー 2投を入れて逃げ切った。

キャバリアーズはホームで負けて追い込まれた。 この日はバックコートの守備でカリーとクレイ・トンプソンを各 10点に抑えることに成功したが、 デュラントを止められずに失点を少なくすることが出来なかった。

オフェンスはジェームズが 33点 11アシスト 10リバウンド、ケヴィン・ラブが 20点 13リバウンドの活躍だった。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com