TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

東カンファレンス決勝2018


 
UPDATED 2018/5/16

セルティクス後半逆転で 2連勝
レブロンはトリプルダブル

5月 15日 -- 東カンファレンス決勝セルティクスがホームでキャバリアーズと第2戦を行い、 後半にリードして 107-94で勝ち、2連勝した。

第1戦と同様にレブロン・ジェームズ対策のためにマーカス・モリスを先発させたが、ジェームズは止められなかった。 42点 12アシスト 10リバウンドでトリプルダブルを達成された。

キャバリアーズは第1戦から先発を入れ替え、ガードのカイル・コーヴァーをベンチに下げてセンターのトリスタン・トンプソンを入れた。 フロントコートを中心に力強くプレイしたが、バックコート陣が振るわずに得点が伸びなかった。

J.R.スミスはシュートを 7本すべて外して無得点だった。オフェンスでの苛立ちがディフェンスに出て 4Q残り 3分半にシュートに行ったセルティクスのホーフォードを背後から押してフレイグラント1反則を取られた。 そのプレイがきっかけで両軍が揉みあいになり、ちょっとした乱闘が起こったが、すぐに収まった。

セルティクスはミスを少なくして確実にプレイし、大きく崩れなかった。ターンオーバーが 6回しかなかった。

試合は前半、ジェームズを中心にキャバリアーズが積極的にプレイして 55-48とリードした。

セルティクスは 3Qに反撃し、長短のシュートを効果的に決めて得点を伸ばし、84-77と逆転した。

4Qもセルティクスが主導権を握って進め、残り 7分で 91-80と 11点差にした。

キャバリアーズはジェームズが先頭に立って反撃し、残り 4分半で 95-89と 6点差に縮めたが、それ以上は近づけなかった。

セルティクスはアル・ホーフォードがフリースローとシュートを連続して決めて一人で 8点入れ、103-89と 14点差に引き離した。 その後はテリー・ロージャーがレイアップで追加点を入れるなどして逃げ切った。

セルティクスは先発全員 2桁得点でジェイレン・ブラウンが 23点 7リバウンド、ロージャーが 18点、ホーフォードが 15点 10リバウンドだった。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com