TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

NBAファイナル2017


 
UPDATED 2017/6/13

ウォリアーズ 2Q逆転でリード
NBAファイナル第5戦

6月 12日 -- NBAファイナル第5戦は ウォリアーズがホームでキャバリアーズと対戦し、 2Qに逆転して 71-60とリードして前半を終えた。

1Qは点をとりあう接戦となり、最後に J.R.スミスが 3ポイントを入れたキャバリアーズが 37-33とリードした。

2Qはキャバリアーズが追加点を入れて開始 2分で 41-33と引き離したが、 その後は失速して得点が伸びなくなった。

ウォリアーズは残り 7分半からケヴィン・デュラントが 3ポイントを 2連打して 45-43と逆転した。 さらにステフィン・カリーが 3ポイントを入れるなど、9点追加して 54-45と一気に引き離した。

残り 2分半ではウォリアーズのデヴィド・ウェストが リバウンド争いでキャバリアーズのカイリー・アービングと ボールを奪いあい、左手で強く突き飛ばすラフプレイがあった。 両軍選手がもみ合いとなり、騒然とした。

ウェストにはすぐにテクニカル反則が与えられた。 さらにリプレイ判定によって乱闘に加勢したスミスとキャバリアーズのトリスタン・ トンプソンにテクニカル反則が与えられた。

再開後はウォリアーズがいい流れで試合を進めてリードを保ち、 ハーフタイムに入った。

デュラントが 3ポイントを 3本入れて 21点。 カリーはフリースローを 9投入れて得点を伸ばし、20点 5アシスト。

キャバリアーズはレブロン・ジェームズが 21点 5リバウンド、 アービングが 16点、スミスが 3ポイントを 3本入れて 13点。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com