TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
 

NBAファイナル2017


 
UPDATED 2017/6/5

ウォリアーズ大量点で連勝
カリーとレブロン「トリプルダブル」

6月 4日 -- NBAファイナルウォリアーズがホームでキャバリアーズと第2戦を行い、ステフィン・カリーが 32点 11アシスト 11リバウンド、 ケヴィン・デュラントが 33点 13リバウンドあげて 132-113で勝ち、2連勝した。

第1戦はターンオーバーを 4に抑えて有利に進めたが、 この日はキャバリアーズのディフェンスが厳しく 20ターンオーバーを記録した。 3ポイントを調子よく決めて大量点につなげた。 成功率は 18/43、41.9パーセントに達した。

カリーは 8ターンオーバーを記録したが、フリースロー 14投をすべて決めて得点を伸ばした。 3ポイント成功率は 4/11、36.4パーセントだった。プレーオフでの「トリプルダブル」は自己初めてとなった。

腰に持病を抱えるスティーヴ・カー監督は 1カ月ぶりに復帰してサイドラインで指揮した。

1Qはカリーを先頭に得点を伸ばして 40-34とリードした。 2Qは開始 2分半でイアン・クラークが 3ポイントを入れて 50-38と 12点差にした。

その後は得点が伸びなくってキャバリアーズに反撃され、残り 2分で 59-58と 1点差に縮まったが、 逆転は許さなかった。ショーン・リビングストンがアリウープ・ダンクを叩き込んで引き離した。

3Qは 3ポイントを効果的に決めて得点を伸ばし、102-88と引き離した。 4Qは残り 7分からデュラントとカリーが 3ポイントを 2連打して 121-99と 22点差にして勝利を決めた。

キャバリアーズはレブロン・ジェームズが 29点 14アシスト 11リバウンドを記録した。 NBAファイナルでの通算「トリプルダブル」は 8度目となり、 マジック・ジョンソンが持つ最多記録に並んだ。

ケヴィン・ラブが 27点 7リバウンド、カイリー・アービングが 19点 7アシストだった。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com