TSP21 |  スポーツ |  NBA  検索 |  Mail 
  NBAプレーオフ 1回戦 2017

 
UPDATED 2017/4/20
ウォリアーズ後半大差で連勝
デュラント欠場でマギー活躍
4月 19日 -- 西カンファレンスのプレーオフ 1回戦ウォリアーズがホームで ブレイザーズと第2戦を行い、 後半に引き離して 110-81で勝ち、2連勝した。

第1戦で活躍したケヴィン・デュラントが左ふくらはぎを痛めて欠場したが、 戦力不足を感じさせなかった。 控えのジャヴェイル・マギーがリング下で存在感を発揮し、フィールドゴール(FG)成功率 7/7で 15点 5リバウンド 4ブロックの活躍で穴を埋めた。

1Q途中にドレイモンド・グリーン、クレイ・トンプソン、ステフィン・カリーが 3ポイントを 3連打して 15-9とリードし、マギーがアリウープダンクを 2発追加して 33-17と引き離した。

2Qは残り 3分半で 43-42と 1点差に縮まったが、 パトリック・マカウが 3ポイントを入れて逆転を許さなかった。 そこからマギーがシュートを連打して引き離し、55-46とした。

後半はブレイザーズのシュートが決まらなくなってウォリアーズがリードをひろげた。 4Q残り 9分半でイアン・クラークが 3ポイントプレイを決めて 92-62と 30点差にして勝利を決めた。

カリーが 3ポイントを 4本入れて 19点 6リバウンド 6アシストだった。 大差になった 4Qはベンチで休養した。トーマスが 16点、クラークが 15点、 グリーンが 6点 12リバウンド 10アシストだった。

ブレイザーズはモーリス・ハークレスが 15点 8リバウンド、 ダミアン・リラードが 12点だった。 第1戦で 41あげた C.J.マコラムは 11点にとどまった。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com