NBAニュース


 
UPDATED 2019/2/11

エムビード 37点 14R
76ERS大量点でレイカーズ下す

2月 10日 -- 76ERSはホームでレイカーズと対戦し、 ジョエル・エムビードが 37点 14リバウンド、移籍 2試合目の トバイアス・ハリスが 22点あげて 143-120で勝った。

マーケル・フルツとのトレードでマジックから移籍してきたジョナソン・シモンズは 3点。 ハリスとともにクリッパーズから移籍してきたボバン・マリアノビッチが 10点、マイク・スコットが 7点だった。

2Q残り 3分で 63-63となった後、 エムビードと J.J.レディックが 3ポイントを入れて 11点連取し、大きく勝ち越した。

後半はリードを保って進め、4Q残り 5分半で 20点差にして逃げ切った。

2連勝で 36勝 20敗となった。140点超えは今季 2度目。 アトランティック地区 2位で首位ラプターズとは 4.5試合差。 東カンファレンスで 4位にあがった。

レイカーズは 28勝 28敗となった。143失点は今季最多タイ。 パシフィック地区 4位で西カンファレンスでは 10位。 ここ 11試合は 3勝 8敗と苦戦が続いている。

カイル・クーズマが 3ポイントを 5本入れて 39点、 ジャヴェイル・マギーが 21点、レブロン・ジェームズが 18点 10リバウンド 9アシストだった。


Copyright © 1996-2019 TSP21.com